Insights

国内抗がん剤市場への参入戦略

クライアントの課題

日本の抗がん剤市場に新規参入を検討しているクライアントは、国内の臨床治療における優先事項を明確にするため、以下の点を詳細に理解する必要があった。

  • 市場の相対的な大きさと構造
  • 参入の容易さ
  • 腫瘍の治療薬の認可における条件や障壁
  • 既存の抗がん剤に対しての医師の認識

ZSの解決策

  • 市場理解のサポート

日本の医療制度、がん治療施設、治療方針、国産治療薬と輸入薬の違い、販売組織形態など市場理解のための情報を要約し提供した。

  • 戦略提案

顕在化している市場ニーズや製品情報の受容性、市場で共有されている競合製品の弱点などを考慮し、二種類の腫瘍タイプを開発最優先の対象として提案した。

解決プロセス

市場の形態、薬の購買プロセスを把握し、市場に存在するオポチュニティーを明確にした。より効率的に市場に薬を提供するため、治療可能な腫瘍の種類に優先順位をつけた。

上記に至るプロセスとして、

  • 疫学と既存薬の処方データを元に、腫瘍タイプ別の市場規模を推定した。
  • 文献の内容より、購買プロセスを仮定した上で定性調査を行い、仮説の検証を行った。
  • 既存の治療ガイドラインを基に、クライアントの抗がん剤が治療プロセスのどこに当てはまるか、どういう効能が期待されているかを調査した。
  • より早急に薬剤の市場浸透を図るため、どのような治療行動を促進すればよいのかを特定した。

結果

日本特有の経済、商業、臨床環境の洞察を基に2種類の腫瘍タイプに対しての臨床開発を優先することにより、早期の投資回収を可能とした臨床開発計画を立てる事ができた。